結婚相談所は在籍年数が長いほどチャンスが少なくなる

様々な婚活方法の中でも、特に人気が高いのが結婚相談所です。実際、多くの人が期待に胸を膨らませ入会している訳ですが、残念ながら全ての人が結婚相手を見つけて退会していく訳ではありません。今回は結婚相談所を利用するメリットとデメリット、また婚活を成功させるための注意すべきポイントなどについて調べてみました。

(結婚相談所で出会った相手に告白する時のポイント)


条件を定めてお相手探しが出来るのが結婚相談所の魅力

結婚相談所のメリットは、まず自分である程度の条件まで絞って相手を探せる事です。人それぞれ結婚相手に望むものは違いますが、一般的に年齢や職業、年収、家族構成などが気になる人が多いです。

恋愛関係になった相手と結婚するのが理想ではありますが、結婚はその後の生活も考えなければいけません。例えば年収が低すぎる、仕事が安定していない相手であれば、どれだけ好きな相手でも喧嘩する事が多くなり、結婚生活も長続きしない可能性があります。

ただ条件を定めて選んでいきたいと思っても、初対面の相手にいきなり年収や家族構成について聞くのは簡単ではありません。二人の中でそれなりに信頼関係が築けていないと、なかなかデリケートな質問は出来ないものです。

しかし結婚相談所なら、相手の条件を全て知った上でアプローチ出来ます。条件面で納得できる相手に出会えると、結婚してから「こんなはずでは無かった」と、想像していた生活とのギャップを感じる事も少なくなります。


真剣に相手を探している人の中から選べる

一般的に婚活を始めるのは、結婚適齢期を過ぎた人が多いです。少しでも早く結婚したい人は、ダラダラと交際している時間も勿体なく感じられます。理想的な相手に出会って交際が始まった時、相手も自分と同じように早く結婚したいと考えているならば問題ありません。

ただし相手に結婚の意思が無ければ、一向に結婚へ進展する事は無いのです。しびれを切らして相手に結婚の意思があるかを確認した時、ようやく相手が結婚する気が無いと知り、時間を無駄にした事に気付かされるのです。

合コンや街コン、出会いアプリなど気軽な出会いもありますが、皆が結婚相手を探している訳ではありません。飲み友達や遊び相手を探すために利用している人も多く、中には特定のパートナーや配偶者がいる人も含まれています。

ただ付き合った当初から相手に結婚を意識させると、それが相手へのプレッシャーにもなるため、結婚の意思を確認するのはなかなか難しい作業なのです。その点、結婚相談所に登録している会員は、全て真剣に相手を探している人ばかりです。

最初から結婚の意志があるとわかっていれば、余計な駆け引きをする必要もありません。交際に発展すれば、結婚へと突き進んでいくだけで、早い段階で結婚も決まります。

費用が高い、でも絶対に相手が見つかるとは限らない

結婚相談所のデメリットは、何と言っても費用が高い事です。相談所によって多少の差はありますが、一般的に入会金と月会費、お見合い代、成婚料などが必要になります。お見合いパーティーや婚活アプリなど人気の婚活ツールに比べると圧倒的に料金が高く、独身証明や年収証明など取り寄せなければいけない書類もたくさんあります。

気軽に利用できるものではなく、敷居の高さを感じる人も多いです。さらに高い費用を支払って活動しても、自分が理想とする相手に出会えない可能性もあります。頭では早く見つけなければいけないとわかっていても、自分が気に入る相手でなければ、なかなか交際まで進められません。

条件を定めて相手を探せる一方、条件に当てはまる相手がいなければお見合いすら出来ません。またアプローチしても、お断りされてばかりというケースもあります。必ず相手が見つかる訳ではないので、費用の面ではリスクが高くなります。

在籍年数が長いほど出会いのチャンスが無くなる

基本的に結婚相談所は、入会から退会までの期限は設けられていません。

入会から1年以内に成婚退会を目標に掲げている結婚相談所もありますが、結婚出来なかったからといって強制的に退会させられる訳ではないのです。つまり費用さえ支払っていれば、理想の相手に出会えるまで活動し続ける事は可能です。

実際、他にもっと良い人がいるかもしれないと、せっかくのチャンスも無駄にして粘り続ける人もいます。在籍年数が長くなると出会える可能性の数は多くなりますが、必ずしも良い結果に繋がるとは限りません。在籍年数が長くなると、年齢も重ねていく事になります。

婚活において年齢の問題はとてもシビアです。条件の中に必ず年齢は含まれており、他の条件は全て該当していても、年齢が対象外であれば、その時点で自分のプロフィールが相手の目に留まる事もありません。また理想的な人が見つかったとしても、その相手が絶対に自分に興味を持ってくれるとは限らず、アプローチしても全く相手にされない可能性もあります。

結局、前にお断りした人と交際しておけば良かったと後悔する事にも成りかねないので、ダラダラと活動するより、少しでも早く相手を見つけて退会していく事が理想的なのです。

上手くいかなければ条件を見直し、積極的に会って話す事が大切

ひたすら在籍年数を重ね、なかなか相手を見つけられない状況であれば、少し条件を見直してみる勇気も必要です。これまでの条件より年収を低くする、年齢を高くするといったように条件の幅を広げてみると、該当する会員の数も多くなります。

特に活動期間が長くなると、会員のプロフィールをチェックしても同じ人が検索されマンネリ気味になるものですが、条件の幅を広げる事で、それまで対象外だった会員のプロフィールも確認出来るようになります。もちろん自分が絶対に譲れない条件まで変える必要はありませんが、妥協出来る部分があるなら、少しでもチャンスを増やすために条件を設定し直す価値はあります。

そして大事なのが、プロフィールだけを見て相手を判断しない事です。乗り気ではない相手のために出掛けるのは面倒、お見合い料を支払うのが勿体ないと、出会いのチャンスをパスし続けるのは、実は非常に勿体ない事です。

写真を見て好みではないと思っていても、実際に会ってみると写真ほど悪い感じはしなかった、話をすると意外と楽しく過ごせたというケースもあります。積極的に色々な人と出会い、会話をしていくと、自分にはどのような人と一緒にいるのが居心地よく感じられるのかといった事もわかってきます。

異性を見る目を養うという意味でも、実際に会って会話をする事はとても大切なのです。